【相性最悪⁉】アドセンスとAmazon、楽天アフィリエイトを併用時の注意点

悩み中・・・

Googleアドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトを併用してるけどもっと収益を上げられないかなぁ…?

こんな悩みありませんか?

アドセンスに合格したばかりだと、
Googleアドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトを一つの記事に設置して収益を上げよう‼って思う人も多いと思います。

が、
実は…アドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトは相性が悪くて収益を減らしている場合があります。

この記事では、
アドセンスとAmazon、楽アフィの相性と併用するときの注意点を紹介します。

さらに、
私が行っているアドセンスとAmazon、楽アフィを上手く併用するポイントを紹介します。

目次

アドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトは相性が悪い

アドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトは相性が悪いです。

読者にとってほしい行動(ゴール)が楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトの場合、
アドセンスを設置していると大きく収益を減らしていることがあります。

その理由が、アドセンスでも楽天、Amazonの広告が表示されるからです。

楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトに比べたらアドセンスの単価が安いでよね。

これが意外と落とし穴で、アドセンスの設定で自動広告とか手動広告とか、
アドセンス広告を貼る場所は気にしている人は居ても広告のかぶりは意外と気にしていない人が多いんです。

アドセンスと楽天アフィリエイト
アドセンスと楽天アフィリエイト

中には、こんなケースもあります。

LEANBODYのアフィリリンクとアドセンス広告
LEANBODYのアフィリリンクとアドセンス広告

これはオンラインフィットネスLEANBODYの記事ですが、広告のインパクトから下の方をクリックしたくなりませんか?

さらに、
実はこれアドセンス広告の方がASPよりも割引率が高く登録できるので読者さんからしたら、
アドセンス広告の方をお得なんです。

読者にとってより良い情報を提供できているという意味では良いのですが、収益的には問題ですよね。

アドセンスとAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを上手に併用させるポイント

上記で書いた通り、アドセンスただ貼るだけでは収益を最大化することはできません。
そこで、アドセンスとAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを上手く併用させながら収益を最大化させるポイントを紹介します。

その方法が

この3つです。

アドセンス広告の設定でAmazon、楽天の広告を表示させなくする

アドセンス広告の設定で、実は表示させない広告を選ぶことができます。
これを利用してアドセンス広告にAmazon、楽天を表示させない様することで広告の被りを防いで別の広告を表示させることができます。

アドセンス広告の場所に楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトを設置する

アドセンス広告が表示されていた場所に、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを設置する方法です。

この方法には注意点があって、

アドセンス広告の代わりにAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトにある訪問者に合わせて自動でおすすめ商品紹介してくれるヤツだと、アドセンスの規約に触れる画像(商品)が表示される場合があります。

こればっかりは、訪問者に合わせての表示になるので何が表示されるのか分からないです…。

その記事だけアドセンス広告を表示させない

シンプルですが、アドセンス広告を表示させないようにする方法です。
何だかんだこれが一番効果がはっきり出ます。

アドセンス広告にAmazon、楽天を表示させない設定方法

アドセンス広告のAmazon、楽天を表示させなくする方法を紹介します。

STEP
アドセンスを開いて「ブロックのコントロール」を開く
STEP
Amazon、楽天を表示させたくないサイトを選び、広告主のURLを選ぶ
STEP
www.amazon.co.jp,www.rakuten.co.jp,を入力
STEP
ステータスをブロック済みに変更する

これで、アドセンス広告でAmazon、楽天を表示されなくなりました。

最後に・・・。

アドセンスと楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトはただ、設置するだけでは相性が悪いので上記した

  • アドセンス広告の設定でAmazon、楽天の広告を表示させなくする
  • アドセンス広告の場所に楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトを設置する

を上手く活用して収益を最大化していきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる